第140回実務研修会 米国不動産投資・開発の最新動向

国際的な金融危機の引き金となったリーマン・ショックは、米国の不動産投資・開発にも大きなインパクトを与えました。本研修会では、米国ニューヨーク・マンハッタンで長年不動産ビジネスに携わってこられた山本みゆき氏(サンポップ・インターナショナル・コーポレーション マネージング・ディレクター)に、リーマン・ショック後、米国不動産にどのような変化があったかを分析していただき、今後の不動産投資・開発の動向についても予測していただきたいと思います。

具体的には、米国経済の動向、マンハッタンのオフィスの不動産投資動向と市場、不動産のベンチマークとメジャー・プレイヤーの変化、不動産ファンドの動向、不動産投資家の動向、米国で注目される産業と融資、政府関連の不動産開発における民間と大学との連携プレー、環境配慮型(グリーンビル)について、大きな切口で最新動向を考察していただきます。

長年、米国で不動産を見てこられた山本氏に、昨今の動向をご紹介いただくことで、今後の日本の不動産投資・開発を占うための参考にしていただければ幸いです。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日 時 2012年12月14日(金)  14:00~15:30  (13:30受付開始、14:30受付終了)
会 場 学士会館 210号室(2F)
東京都千代田区神田錦町3-28
講 師 サンポップ・インターナショナル・コーポレーション
マネージング・ディレクター
山本みゆき 氏


【講師紹介】
ニューヨーク大学大学院不動産修士課程修了。CCIM(米国不動産投資アドバイザー)称号、ニューヨーク州公証人、ニューヨーク州公認ブローカー。興和不動産本社海外事業部を経て、ニューヨークの大手投資顧問会社、大手不動産会社に勤務し、不動産投資・開発に従事。その後、サンポップ社(米国)では不動産関連全般のコンサルティングを行っている。著書「米国不動産知識A to Z」住宅新報社刊。月刊「プロパティ・マネジメント」に記事を連載中。月刊「不動産鑑定」に寄稿。NHK海外取材の翻訳も手掛ける。米国在住。

参加費 ARES正会員   無料
ARES賛助会員 1,000円
非会員      10,000円

※当日受付にて現金でお支払いください。おつりのないようご準備をお願いします。
※ARESマスター専用の料金設定はありません。

募集人数 150名(先着順。1社当たりの定員設定はありません)
お申込受付期間 2012年11月15日(木) ~  2012年12月11日(火)
※本実務研修会は、不動産証券化協会認定マスターの継続教育に指定いたします。
 マスター継続教育ポイント数:10ポイント(大幅な遅刻・早退をされた場合、ポイントの加算ができない場合があります。)

ポイント加算に関するご注意

不動産証券化協会認定マスター・アソシエイトの方は、出席管理カードを当日忘れずにご持参いただき、専用の機器で必ず受付時間内に出席チェックをお受けください。当日会場でのチェックをお忘れになった場合、後日お申し出いただいてもポイントの加算はできませんので、ご注意ください。

お申し込み

  • お申し込み受付は終了いたしました。
  • ARES会員の方は、2017年12月1日発行の新パスワードをご使用ください。
    旧パスワードはご使用になれませんのでご注意ください。
  • 各お申込希望者からの会員ID・パスワードに関する個別のご照会には、当協会では原則として回答しておりません。ご所属の会員社のARES窓口ご担当者様にお問合せください。
  • 不動産証券化協会認定マスターの認定番号、ARES CAMPUSへのログインパスワードでは、ARES会員としてのお申し込みはできません。

お申し込みに関するお問合せ先

不動産証券化協会 広報部
Tel: 03-3505-8001 E-mail: jitumu@ares.or.jp

マスター継続教育ポイントに関するお問合せ先

ARESマスター資格制度事務局
受付時間:10時~17時30分(土日祝日を除く)
Tel: 050-3816-3695 E-mail: contact@arescampus.jp