会員・ARESマスター対象

会員研修(B-1) インド不動産市場の可能性とチャレンジ

近年インドの不動産市場が注目され始めています。中国経済の減速と対照的にこれからの中間層の伸びが期待されるインド経済成長への参加期待から消費財、製造業、サービス業、IT、インフラなどあらゆる産業がインドの可能性を探り始めています。先日始まったモディ政権2期目の構造改革や経済政策もそれらの流れに沿うと思われます。

しかしながら、同様に成長してきたインド不動産市場はここに来て業界が曲がり角に来ていると言えます。これまで急成長してきたディベロッパーの多くが過剰債務を抱え、建築在庫も過去最高レベルにあるものの、金融機関の柔軟性もないため、海外からの資金を必要としている状況にあります。大都市への都市化も進むなかで住宅に対する潜在的需要やオフィス需要は変わらず増加しており、現在は海外資本を投資しやすいタイミングにあるとも言えます。

このように長期的成長を見込める巨大マーケットにおける短期的市場改善状態と言えるインド不動産市場を正しく理解するために、今回は「インドの不動産市場の可能性とチャレンジ」というテーマで3名の専門家にお話しいただきます。日本からインド不動産投資ファンドを組成された玄海キャピタルの松尾正俊氏、そのファンドのインドにおける事業パートナーであるReliance AIF Management社のプラディープ・カーナ氏、そしてインド法制度に詳しい西村あさひ法律事務所の鈴木多恵子氏をお招きし、ご講演いただきます。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

主 催 一般社団法人不動産証券化協会(ARES)
共 催 アジア太平洋不動産協会(APREA)
日 時 2019年7月4日(木)  14:00~16:00  (13:30受付開始、14:30受付終了)
会 場 全社協・灘尾ホール
東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル ロビー階
講 師 ※日-英同時通訳が付きます。
株式会社玄海キャピタルマネジメント 代表取締役社長 松尾正俊 氏
Reliance AIF Management Company Limited
 Head of Real Estate Investment  プラディープ・カーナ氏
西村あさひ法律事務所 鈴木多恵子弁護士

【講師紹介】
●松尾正俊(まつお まさとし)氏
2006年に(株)玄海キャピタルマネジメントを設立。バリューアップ戦略を得意とするファンドマネジメント業務と専門家チームによるアドバイザリー業務を中心に累積3,000億円強のアセットマネジメント事業の実績をもつ。オフィスビル、ショッピングセンター、住宅、ホテル、ヘルスケア不動産など様々なタイプのバリューアップを不動産およびファイナンスの両面から実現している。近年は投資範囲をさらに広げ、アメリカおよびアジア、なかでも潜在成長率の高いインドでの事業を拡大中。東京大学法学部卒業、ペンシルバニア大学Wharton MBA取得。APREA日本代表(’09~’15)

●プラディープ・カーナ(Pradeep Khanna) 氏
不動産投資マネジメント、コーポレート・プロジェクトファイナンス、投資銀行業務等に20年以上従事。Reliance AIFの立ち上げ、およびICICIプルデンシャル(インド最大のAM会社)において不動産PEビジネスの立ち上げに従事。Reliance AIFはReliance Nippon Life Asset Management(RNAM、日本生命の子会社)の100%子会社。RNAMの運用資産は約6.7兆円。プラディープ氏率いる不動産部門では55案件への投資が完了、うち33案件以上は出口を迎えている。

●鈴木多恵子(すずき たえこ)弁護士
2006年弁護士登録、西村あさひ法律事務所入所。2012年から2013年にインドのニシス・デサイ・アソシエーツ法律事務所(ムンバイおよびバンガロールオフィス)に出向。インドプラクティスチームのカウンセルとして、日本企業のインドビジネスに関する法務助言に専従。日系企業のインドの不動産投資、インフラ投資などへの助言実績多数。

対象および参加費 ARES正会員:無料
ARES準会員:無料
ARES投資家登録制度のご登録者:無料
上記以外のARESマスター: 10,000円

※有料参加の方はお申込み時に決済手続画面にて「クレジット支払い(VISA、Masterのみ)」もしくは「コンビニ支払い」のいずれかを選択し、事前に参加費をお支払いください。個人および企業単位(複数名分)の銀行振込や当日の現金払いはお受けできませんのでご了承ください。

ARES正会員・準会員・投資家登録制度のご登録団体にご所属のARESマスターの方は、各社・団体のID&パスワードにてお申込みください(参加費は無料です)。
上記以外のARESマスターの方は、「マスター共通研修申込ID&パスワード」を使用し、お申込みください(参加費10,000円が適用されます)。お申込みの際には会社名の入力をお願いいたします。
※IDの種類に関わらず、ARESマスターの方は、申込フォームの所定の欄に認定番号の入力をお願いいたします。
キャンセル時の参加費の取扱い ・本研修の参加費(有料参加の方)は開催前のキャンセルに限り返金いたします。
・返金の際には原則として返金事務手数料をご負担いただきます。
・詳細は下記URLをご参照ください。
 【特定商取引法に基づく表記】https://www.ares.or.jp/sctl/
募集人数 200名(先着順。定員に達し次第締め切らせていただきます。1社当たりの定員設定はありません)
お申込受付期間 2019年6月7日(金) ~  2019年7月2日(火)
※本会員研修(B-1)は、不動産証券化協会認定マスターの継続教育に指定いたします。
 マスター継続教育ポイント数:10ポイント(大幅な遅刻・早退をされた場合、ポイントの加算ができない場合があります。)

ポイント加算に関するご注意

不動産証券化協会認定マスター・アソシエイトの方は、出席管理カードを当日忘れずにご持参いただき、専用の機器で必ず受付時間内に出席チェックをお受けください。 出席管理カードがない方は認定番号を記載したお名刺を出席チェックデスクでご提出ください。 当日会場でのチェックをお忘れになった場合、後日お申し出いただいてもポイントの加算はできませんので、ご注意ください。

お申し込み

  • お申し込み受付は終了いたしました。
  • 各研修・セミナーにより参加条件(参加対象者や参加費等)が異なります。申込前によくご確認をお願いいたします。
  • ARES会員(正会員・準会員)、投資家登録制度のご登録団体、ARESマスターの方は[IDをお持ちの方はこちら]ボタンよりお申し込みください。
  • [IDをお持ちでない方はこちら]ボタンが表示されている研修・セミナーは、 ARES会員やARESマスター以外の一般の方も申込が可能です。
  • ARES会員の方は、2017年12月1日発行のパスワードをご使用ください。
  • 各お申込希望者からの会員ID・パスワードに関する個別のご照会には、当協会では原則として回答しておりません。ご所属の会員社のARES窓口ご担当者様にお問合せください。
  • ARESマスターの認定番号、ARES CAMPUSへのログインパスワードはこのページでは利用できません。ARES会員として申し込む場合は 会員ID・パスワードを、 ARESマスターとして申し込む場合にはマスター共通研修申込ID・パスワードをご利用ください。マスター共通研修申込ID・パスワードは、各研修・セミナーのご案内(ACM Mail)をご参照ください。

お申し込みに関するお問合せ先

不動産証券化協会 企画広報部
Tel: 03-3505-8001 E-mail: seminar@ares.or.jp

マスター継続教育ポイントに関するお問合せ先

ARESマスター資格制度事務局
受付時間:10時~17時30分(土日祝日を除く)
Tel: 050-3816-3695 E-mail: contact@arescampus.jp