会員限定

会員限定研修会 平成29年金融商品取引法及び関連政府令等の改正 -投資法人の監督役員の欠格事由の緩和並びにフェア・ディスクロージャー・ルールについて-

 平成29年5月24日公布の「金融商品取引法の一部を改正する法律」は、同年12月27日に公布された関連する政令・内閣府令等の改正と合わせ、平成30年4月1日から施行されます。

 上記の政令・内閣府令等の改正において、当協会の平成30年度制度改善要望「投資法人の監督役員の欠格事由の緩和」に対応する投信法施行規則改正がなされており、投資法人の監督役員の欠格事由のうち、いわゆる親族要件について、規制対象が大幅に緩和されることとなります。

 また、今回の金商法改正により、上場会社等(上場投資法人及びその資産運用会社を含む)に未公表の重要な情報の公平な開示を義務付ける「フェア・ディスクロージャー・ルール」が導入されることとなりました。
 本ルールは、投資家に対する公平な情報開示を確保し、全ての投資家が安心して取引ができるようにするという観点から導入される新しい開示ルールであり、上場会社等はルールの内容や趣旨を的確に把握することが必要となります。

 今回の研修会は三部構成を予定しており、第一部では、不動産証券化協会の制度担当より、「投資法人の監督役員の欠格事由の緩和」について、パブリックコメントの結果も踏まえつつ、緩和後の規制対象等についてご説明致します。

 続いて第二部では、金融庁のご担当官より、「フェア・ディスクロージャー・ルール」について、ルール導入の背景や趣旨、具体的なルールの内容をご説明頂きます。
 その後、第三部では、森・濱田松本法律事務所の根本弁護士、尾登弁護士より、「フェア・ディスクロージャー・ルール」への実務対応に向けて、適切な情報管理・情報発信のための社内態勢整備や、IR時における留意点等についてご説明頂きます。

 多くの皆様のご参加をお待ちしております。窓口ご担当者様には、貴社内のご担当者様にご周知賜りますようお願い申し上げます。

<ご注意>
本研修会は、不動産証券化協会認定マスターの継続教育に指定しておりませんので、 セミナー参加によるポイント付与はありません。

日 時 2018年3月9日(金)  14:00~16:30  (13:30受付開始、14:30受付終了)
会 場 赤坂インターシティコンファレンス the AIR
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4F
講 師 テーマおよび講師:
「投資法人の監督役員の欠格事由の緩和」
一般社団法人不動産証券化協会
 事務局次長 業務部 部長代理 石田 達也

「フェア・ディスクロージャー・ルール」
金融庁総務企画局企業開示課
  開示企画調整官 大谷 潤氏
  専門官     小中 諒氏
(但し、予告なく変更になる場合があります。)

森・濱田松本法律事務所
 パートナー  弁護士 根本 敏光氏
 アソシエイト 弁護士 尾登 亮介氏
参加費 ARES正会員・賛助会員共に無料
募集人数 200名(先着順)
お申込受付期間 2018年2月13日(火) ~  2018年3月7日(水)
不動産証券化協会認定マスターの認定番号・パスワードではお申し込みできません。また、本会員限定研修会への参加によるポイント付与はありません。

お申し込み

  • お申し込み受付は終了いたしました。
  • ARES会員の方は、2017年12月1日発行の新パスワードをご使用ください。
    旧パスワードはご使用になれませんのでご注意ください。
  • 各お申込希望者からの会員ID・パスワードに関する個別のご照会には、当協会では原則として回答しておりません。ご所属の会員社のARES窓口ご担当者様にお問合せください。
  • 不動産証券化協会認定マスターの認定番号、ARES CAMPUSへのログインパスワードでは、ARES会員としてのお申し込みはできません。

お申し込みに関するお問合せ先

不動産証券化協会 企画広報部
Tel: 03-3505-8001 E-mail: jitumu@ares.or.jp