特別セミナー

不動産におけるサステナビリティ - GRESBと環境不動産

当協会では、一昨年、昨年に引き続き、投資におけるサステナビリティ組込みを推進するグローバル・リーダーであるAPG(オランダの公的年金基金運用会社)などからスピーカーをお招きし、「グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)」と環境不動産等に関する特別セミナーを株式会社日本政策投資銀行(DBJ)と共同で開催いたします。

投資におけるサステナビリティ、すなわち環境・社会・ガバナンス(ESG)の組込みについては、我が国においても昨年から今年にかけ、金融庁から「日本版スチュワードシップコード」と「コーポレートガバナンス・コード原案」が公表されたことにより、企業の持続的成長と中長期的な企業価値の向上のために必要な一要素として認識されつつあります。GRESBは、APGなどにより開発された不動産会社・運用機関(上場REIT、私募ファンド)のESG組込みを測るベンチマークで、グローバルの主要な機関投資家が、投資先を選定する判断材料として、また投資後のエンゲージメント(対話)のツールとしてGRESBを活用しています。

当協会は2012年以来GRESBのサポーターとしてその活動を支援してきましたが、昨年にはDBJが投資家メンバーとして、また日本サステナブル建築協会(JSBC)がサポーターとして加わりました。日本からのGRESB調査参加者数も年々増加しており、昨年は31(上場会社・J-REIT:20、私募ファンド:11)となっています。

本特別セミナーでは、前半にGRESBアジア太平洋代表のRuben Langbroek氏、APGのサステナビリティ責任者であるYK Park氏、GRESB日本市場アドバイザーであるCSRデザイン環境投資顧問株式会社の堀江隆一氏から、不動産におけるESG投資の考え方や日本市場の動向等についてお話しいただきます。後半はDBJのアセットファイナンス部長である窪田昌一郎氏、一般財団法人日本不動産研究所主席専門役の古山英治氏、株式会社三井住友信託銀行の環境不動産推進チーム長である伊藤雅人氏から、環境不動産(グリーンビルディング)認証の発展、および環境不動産と経済的価値の関係についてご講演いただきます。

多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。


    主 催   一般社団法人不動産証券化協会(ARES)
            株式会社日本政策投資銀行(DBJ)
日 時 2015年4月20日(月)  15:00~17:40  (14:30受付開始、15:30受付終了)
会 場 全国町村会館 ホール(2F)
東京都千代田区永田町1-11-35
講 師 ◆テーマおよび講師◆  ※日-英同時通訳が付きます。
1.「責任投資(ESG投資)の潮流」
 GRESBアジア太平洋代表 Ruben Langbroek氏
2.「不動産投資へのサステナビリティの組込み」
 APGアセットマネジメント・アジア
 サステナビリティ&ガバナンス担当ディレクター YK Park氏
3.「GRESBと日本市場における サステナビリティの最新動向」
 CSRデザイン環境投資顧問株式会社 代表取締役社長 堀江 隆一氏
4.1.「DBJ Green Building認証の概要と展開」
 株式会社日本政策投資銀行 アセットファイナンス部長 窪田 昌一郎氏
4.2.「Green Building認証の経済分析に関する一考察」
 一般財団法人日本不動産研究所 証券化部 主席専門役 古山 英治氏
5.「サステナビリティの向上がもたらす経済効果の調査結果 ~日本からの発信」
 三井住友信託銀行株式会社
   不動産コンサルティング部 審議役 環境不動産推進チーム長 伊藤 雅人氏

【講師紹介】
●Ruben Langbroek氏
GRESBアジア太平洋代表(シンガポール拠点)。前職ではJones Lang LaSalleのリサーチヘッドとしてストラテジック・コンサルタンシーを担当。建築技術修士および不動産科学修士。RICSメンバー(MRICS)、LEED Green Associate資格保持者。

●YK Park氏
APG香港事務所のディレクターとして、サステナビリティおよびガバナンスの観点から投資資産を監督。上場エクイティからインフラや不動産などのオルタナティブ投資まで、あらゆるアセットクラスを担当。日本やオーストラリアを含むアジア太平洋全域をカバーしている。投資先企業や機関投資家グループと共同で、コーポレート・ガバナンス、環境問題、社会問題など様々な問題に取り組んでいる。APG入社以前は、韓国の国際投資銀行でエクイティ・アナリストとして10年間勤務。

●堀江 隆一氏
不動産へのサステナビリティ組込みに係る助言や環境不動産に関する調査業務を行うCSRデザイン環境投資顧問株式会社の代表取締役社長。以前は日本興業銀行、欧米の証券会社に計22年間勤務し、ドイツ証券では再エネファンドを含むストラクチャード・ファイナンスを統括。東京大学法学部卒、カリフォルニア大学バークレー校MBA、LEED AP、CASBEE不動産評価員、桜美林大学非常勤講師、国土交通省「環境不動産普及促進検討委員会」WG長、環境省「グリーン投資促進のための情報開示及び評価の在り方に関する検討会」委員、国連責任投資原則(PRI)日本ネットワーク不動産WG議長など。

●窪田 昌一郎氏
1990年日本開発銀行(現・株式会社日本政策投資銀行)に入行。都市開発部・アセットファイナンス部にて各種不動産ファイナンスを担当。2013年DBJアセットマネジメント株式会社へ出向。
2014年よりアセットファイナンス部長。東京工業大学工学部卒。

●古山 英治氏
2000年一般財団法人日本不動産研究所に入所。多数の不動産評価に加え市街地再開発に伴うコンサルティング業務を担当。2011年みずほコーポレート銀行へ出向。不動産ノンリコースローン業務に従事した後、2013年から現部署にて投資用不動産の評価、不動産市場分析等のコンサルティング業務に従事。不動産鑑定士、不動産証券化協会認定マスター、再開発プランナー。中央大学法学部卒。

●伊藤 雅人氏
1983年早稲田大学法学部卒業、住友信託銀行入社。2005年東京都不動産鑑定士協会十周年記念論文『不動産に関する「環境付加価値」の検討』にて、最優秀賞を受賞。現在、三井住友信託銀行 不動産コンサルティング部 審議役 環境不動産推進チーム長。 国土交通省住宅・建築物省CO2先導事業評価委員会専門委員、同省環境不動産普及促進検討委員会委員、CASBEE研究開発委員会委員、CASBEE普及委員会委員、国連環境計画金融イニシアティブ不動産ワーキンググループ(UNEPFI PWG)メンバー等を務める。不動産鑑定士、再開発プランナー、不動産証券化協会認定マスター。

参加費 無料
募集人数 200 名(先着順)
お申込受付期間 2015年3月17日(火) ~  2015年4月15日(水)

※本特別セミナーは、不動産証券化協会認定マスターの継続教育に指定いたします。
  マスター継続教育ポイント数:10ポイント
  (大幅な遅刻・早退をされた場合、ポイントの加算ができない場合があります。)

<ポイント加算に関するご注意>
不動産証券化協会認定マスター・アソシエイトの方は、出席管理カードを当日忘れずにご持参いただき、専用の機器で必ず受付時間内に出席チェックをお受けください。当日会場でのチェックをお忘れになった場合、後日お申し出いただいてもポイントの加算はできませんので、ご注意ください。


お申込み

お申し込み受付は終了いたしました。

  • ARES会員の方は、2017年12月1日発行の新パスワードをご使用ください。
    旧パスワードはご使用になれませんのでご注意ください。
  • 各お申込希望者からの会員ID・パスワードに関する個別のご照会には、当協会では原則として回答しておりません。ご所属の会員社のARES窓口ご担当者様にお問合せください。
  • 不動産証券化協会認定マスターの認定番号、ARES CAMPUSへのログインパスワードでは、ARES会員としてのお申し込みはできません。
<お申し込みに関するお問合せ先>

不動産証券化協会 広報部
Tel: 03-3505-8001   E-mail: jitumu@ares.or.jp


<マスター継続教育ポイントに関するお問合せ先>

ARESマスター資格制度事務局
受付時間:10時~17時30分(土日祝日を除く)
Tel: 050-3816-3695   E-mail: contact@arescampus.jp