ARES 一般社団法人 不動産証券化協会

  • 文字サイズ
  • 小
  • 大
投資家保護

HOME >  投資家保護 >  苦情相談室

苦情相談室

苦情の受付と解決支援について

本協会では、「苦情の受付と解決支援に関する規則」および「苦情の受付と解決支援に関する細則」に従い、顧客からの苦情を受け付け、ご相談を承ります。

ただし、本協会に加盟していない事業者に関するものや取り扱い対象以外のものについては、本協会ではご相談に応じかねるケースもございますので、悪しからずご了承願います。

(図表)苦情相談のしくみ

1.お客様より、苦情などのご相談をいただくと、事情をお伺いしたうえ、相談内容の確認をさせていただきます。本協会が取り扱う範囲外である場合は、他の相談窓口をご紹介させていただくか、あるいはお断りすることがあります。

2.受け付けた苦情は、相手方である会員会社に本協会から取り次ぎをさせていただきます。

3.お客様と会員会社の間で直接話合いをしていただきます。

4.お客様と会員会社との話し合いの結果を受けて、本協会が会員会社から対応方針または対応結果についての報告を聞き、内容を確認します。

5.本協会からお客様に会員会社からの報告内容をご説明申し上げます。ただし、会員会社とお客様の間ですでに説明が済んでいる場合は省略させていただく場合があります。

6.上記の説明に納得がいかない場合等苦情の解決が図られない場合には、弁護士会「仲裁センター・紛争解決センター」の利用が可能となります。お客様の意思に基づき利用申出書を提出していただきます。

7.利用申出書を受領後、相手方である会員会社に本協会から意向の確認を行います。なお、裁判や民事調停により解決を図る等の理由がある場合には、相手方である会員会社は利用の求めに応じないことがあります。

8.本協会から弁護士会にお取次ぎいたします。

次へ